木曽路ビールの美味しい飲み方 How to drink

造りたてを出来るだけ早く

この頃インターネットにて多様化する日本の地ビールの情報も簡単に分かるようになり、それぞれ色んなこだわりのおいしい飲み方、楽しみ方など紹介しています。
一言においしい飲み方と言っても人それぞれ、楽しみ方もそれぞれですよね。
私たちが考えるおいしい飲み方とは、時間を気にせず心を解きほどいて気楽に語り合える仲間や知人と楽しくゆっくりビールを飲む事、これにまさるおいしいビールの飲み方は無いと思っています。
しかし、せっかく楽しくおいしく飲むのなら、おいしい状態のビールを飲んで頂きたいものです。
木曽路ビールでは酵母を完全に取り除きません。
酵母の香りや味も旨みの一つと考えているからです。
風味を残すと雑味が際立つ、どんなものでも作りたてはおいしいもの。
おいしいものをおいしいうちに。
保存方法、賞味期限を守り購入頂いたら出来るだけ早く飲むのが
おいしいビールをおいしく飲む一番の方法です。


「木曽路ビールの保存方法」

木曽路ビールの賞味期限はおよそ2カ月。
直射日光や室内での光を避け、冷暗所に保管して下さい。
光にあたると光分解により光酸化をおこしオフフレーバーを発生します。
冷凍庫などで急激に冷やすと急激な温度の変化により品質劣化につながり、
破ビン、怪我の原因になりますので絶対にしないで下さい。


「綺麗なビールグラスで飲む」

やっぱりビールはグラスで飲むのがおいしいもの。
グラスが汚れているときれいに泡が立たず、見た目にもおいしくなさそうなビールになってしまいます。
グラスは良く洗い、お湯で十分に濯いだら逆さまにし、自然乾燥させるのが一番です。
せっかく洗ったグラスの内側をふきんなどで拭いてしまうとせっかく綺麗に洗ったグラスも台無しになってしまいます。

綺麗なビールグラス

「注ぎ方で愉しむビールの味」

ビールの注ぎ方も様々ですが、注ぎ方一つで味はすごく変わるものなんです。
例えばピルスナーを高い所からグラスに勢い良く注ぎ、泡が落ち着いたらまた勢いよく注ぐ、これを繰り返しグラス内のビールが泡3:ビール7位になったらビールを飲んでみましょう。
極めは荒いがコシのある少し苦目でふわふわの泡にまろやかなビールを味わえます。
また、一般的なおいしいビールの注ぎ方として、はじめはゆっくり、次第に勢いよく注ぎ、泡が落ち着いたらグラスを傾けゆっくりとビールを注ぎ入れ、泡3:ビール7位になったらビールを飲んでみましょう。
  今度はどうでしょう、先ほどより極めの細かい泡に苦味はそれ程感じられないが、ビールはやや苦目。
これはビールを注ぐ際泡立てることにより、泡中へ苦み成分が移る為です。
ビールの注ぎ方一つで一つのビールも色んな楽しみが出来るものです、自分の好みの注ぎ方の研究をしてみてはいかがでしょう。
ただ一つ言えるのは、泡は炭酸が抜けるのを防ぎ、ビールを酸化から守ります。
程よく泡立てて飲む事をお勧めします。

綺麗なビールグラス 綺麗なビールグラス

木曽路ビールから選ぶ 地ビール商品一覧はこちら

木曽路ビール

山々に磨かれた水 大自然の恵みと匠の技
水、麦芽100%、手づくり、鮮度にこだわり抜いた自慢のオリジナルビールです。 木曽路ビールの賞味期限は約2ヶ月。 常に新鮮作りたてにこだわります。

ビール商品一覧はこちら
木曽路ビール

ページトップへ